金沢市・白山市エリアの不動産売却をお考えなら【ミライエ株式会社】へご連絡ください

MENU

インフォメーション

住み替えには2つの方法がある!家を売って住み替えようと検討中の方は必見!

住み替えには売り先行と買い先行という方法があり、それぞれの特徴について詳しく理解してから自分にあった方法を選択することが重要です。
そこで今回は、それぞれのメリットを詳しく解説します。
金沢市・白山市・能美市周辺で住み替えを検討している方は是非参考にしてみてください。

□2つの方法とは

住み替えには、売り先行と買い先行の2つの方法があります。
それぞれの特徴について確認していきましょう。

売り先行とは、新居に住み始める前に現在お住まいの家を手放す方法です。
売り先行のメリットは、今住んでいる住宅を売ることで得た資金を住宅ローンの返済や、次に住むことになる家のための費用を確保できることでしょう。

また、家を売るための販促活動にも時間をかけられるため、今住んでいる住宅を高く売れるというメリットもあります。
資金に余裕を持って住み替えたいと考えている方は売り先行がおすすめです。

一方で買い先行とは、新しい住まいを購入してから今ある家を売却する方法です。
買い先行は、購入を先に行うので納得できるまで新居探しに時間を使えるというメリットがあります。
また、家ができるまで住む場所を用意する費用がかからないのも良いところです。

今住んでいる家の住宅ローンを完済済み、または完済できる目処が立っているような方は買い先行を検討してみてはいかがでしょうか。

□住み替えを成功させるために押さえておきたいこととは

住み替えを成功させるために知っておくと得する2つのポイントについて解説します。

*住み替えローン

住み替えローンを新居の購入時に利用すると、手持ち資金を捻出することなく住み替えが可能になります。
今住んでいる住宅を売却してローンが残ったとしても、その残ったローンと新居のローンを合算して組めるものだからです。

*売り先行の場合は仮住まいにかかる費用を調べる

先に住んでいる住宅を売却する売り先行では、新しい家に住めるようになる前の仮住まいが必要になります。
一般的には賃貸物件を探すので、引越し費用、敷金、礼金、仲介手数料などが発生します。
まとまったお金を用意するのが難しいとなれば、買い先行に切り替えるなど、臨機応変に対応できるようにするためには事前にどれくらいの費用がかかるのか知っておくことは非常に重要です。

□まとめ

今回は、住み替えの方法を2つ解説しましたが理解していただけましたか。
住み替えを成功させるためには、今回紹介した住み替えローンや仮住まいが必要になった時の費用についてはしっかりと押さえておきましょう。
何かわからないことや質問があれば気軽にご連絡ください。

能美市北市新築住宅ご成約有難うございました。

この度は良縁をいただきましてありがとうございました。
今後もよろしくお願いします。

離婚を機に家の売却をお考えの方へ!売却のタイミングと財産分与における注意点をご紹介!

金沢市・白山市・能美市周辺で不動産の売却をご検討中の方、今回の記事は必見です。
離婚を機に、家の売却を考えている方もいらっしゃると思います。
その際、売却のタイミングや財産分与についてどのように考えたら良いかご存知でしょうか。
正しい知識を持っておかないと損してしまうこともあるので、確認していきましょう。

□離婚をきっかけに家を売却する際に適切なタイミングとは

*離婚の前に家を売る方がおすすめの人

離婚の前に家を売った方が良いという方は、売却完了まで離婚を待てる方、離婚後のトラブルをなるべく避けたい方になります。

不動産売却には、基本的に3から6ヶ月の期間がかかることが多いです。
物件の条件が悪いと、それ以上にかかってしまう場合もあります。
そのため、離婚までに時間がかかっても良いという方は離婚前に売却すると良いでしょう。

また、離婚前に家を売るとなれば話し合いをしっかりとする必要が出てきます。
ここでしっかりと夫婦で合意をしていれば後々トラブルになる可能性をかなり抑えられます。

*離婚の後に家を売る方がおすすめの人

離婚を今すぐにでもしたい方、家をできるだけ高く売りたい方は離婚の後に売るのがおすすめです。

上記でも解説しましたが、不動産売却には時間がかかるので、早く離婚したい方は離婚した後に家を売った方が良いでしょう。

また、なるべく高く家を売りたいと考えている方は多いと思います。
離婚が完了した後であれば、売却活動に専念できるので、高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。

□離婚時の財産分与における注意点とは

財産分与における注意点について2つ解説します。
1つ目は、財産分与の請求ができる権利は2年間ということです。
離婚が成立してから2年を過ぎると、相手に財産分与を求める権利がなくなってしまうので注意が必要です。

2つ目は、離婚協議書を公正証書化することです。
離婚の際に財産分与の取り決めをする場合に相手の支払い義務を担保できる場合があります。
また、相手にもプレッシャーがかかり、きちんと支払いをしようとさせられるでしょう。

□まとめ

今回は、離婚を機に家の売却を検討している方に向けて、売却のタイミングや財産分与における注意点について解説しましたが理解していただけましたでしょうか。
離婚前が良いのか、後が良いのかは人によって変わってくるため自身の状況を判断した上で決断すると良いでしょう。
今回の記事が皆さんの役に立てば幸いです。

金沢市三口中古住宅買取りいたしました。

土地151.55㎡ 建物240.96㎡ 鉄骨造3階建て
事務所付居宅 駐車3台

土地を売るとどんな税金がかかる?税金を抑えるコツもご紹介!

金沢市・白山市・能美市周辺で土地の売却を検討している方、今回の記事は必見です。
土地を売却する際には、税金がかかります。
売却にあたっては、事前にどのような税金がかかるのか知っておくことは非常に重要です。
なぜなら、節税できる可能性があるからです。
今回は、土地を売る際に発生する税金について解説します。

□土地を売るとどのような税金がかかるのか

土地を売る際には、所得税、住民税、印紙税がかかります。
土地を売った時に利益が出た場合に発生するのが前2つになります。
そのため、土地を売った時に利益が出なければ印紙税しかかかりません。

土地の売却では、他の所得などとは合算せず独立した状態で課税がなされます。

□土地を売った際の税金を抑えるコツについて

土地売却時にかかる税金を抑える場合は、印紙税以外を節税することになります。
具体的な方法について確認していきましょう。

*売却のタイミングをよく考える

土地の所有期間が5年を超えたら所得税と住民税の税率が下がることはご存知でしょうか。
そのため、特に急ぎでその土地を手放したいとお考えでない場合は5年待ってから売ることを検討すると良いでしょう。
5年以下とそれ以上では、税率が20パーセントほど変わってきます。

所有期間は土地を取得した日から、売却する年の1月1日までの年数になるので注意してください。

5年よりも前に売った方が得になる場合としては、できるだけ急いでその土地を欲しいと思っている人がいる場合です。
その場合は高額で買い取ってもらえるので、税金がかかっても得することが多いです。

*利益が出た場合でも3000万円以下なら控除される

上記で、土地の売却で利益が出た場合には所得税と住民税がかかるとお伝えしました。
しかし、特例で自分が住んでいる住宅、または敷地の売却であれば譲渡所得から3000万円が控除されます。
様々な用件があるものの、これを満たしていれば税金が控除されて支払わずに済むのでよく調べておくと良いでしょう。

このように、情報を知っているのと知っていないのとでは支払うべき税金が大きく変わってきますので、事前によく調べておくことは非常に重要です。

□まとめ

今回は、土地を売るとかかる税金について解説しましたが理解していただけましたでしょうか。
この時に発生する税金を抑えるためには、今回解説したように売却のタイミングや3000万円特別控除などについて考えてみてください。
今回の記事が土地の売却を検討している方の参考になれば幸いです。

最新記事

  • 2022.01.29

    住み替えには2つの方法がある!家を売って住み替えようと検討中の方は必見!

  • 2022.01.28

    能美市北市新築住宅ご成約有難うございました。

  • 2022.01.22

    離婚を機に家の売却をお考えの方へ!売却のタイミングと財産分与における注意点をご紹介!

アーカイブ

ミライエでは、不動産売却に関わる書類作成や手続きなどを一貫して承っており、
不安な点や些細な疑問に対しても徹底したサポートを行わせて頂いております!
査定・ご相談は無料ですのでどうぞお気軽にお問合せ下さい!

076-287-3312

お問い合わせ

現在、ご自身やご家族が所有している不動産を売却したいとお考えの方は、金沢市・白山市エリアで不動産売却をサポートしている「ミライエ株式会社」にご相談ください。査定やご相談は無料です。不動産に関するお悩みや税金、投資のご相談など、些細なことでも構いませんので下記メールフォーム、またはお電話よりお気軽にお問い合わせください。弊社スタッフが丁寧にご対応させていただきます。

必須お名前
必須ふりがな
任意ご住所
必須電話番号
必須メールアドレス
任意お問い合わせ項目
必須物件種別
必須認証

スパムメール対策の為に「ミライ」と入力をお願いします。

必須お問い合わせ内容

(必須)は必須項目です。※お問い合わせフォームの必須項目をご記入の上、送信をお願いいたします。

個人情報保護方針・プライバシーポリシー

ミライエ株式会社(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、 全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

個人情報の管理

当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

個人情報の利用目的

お客さまからお預かりした個人情報は、当社からの連絡や業務の案内、ご質問に対する回答として、電子メールや資料の送付に利用いたします。

個人情報の第三者への開示・提供の禁止

当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

  • ・お客さまの同意がある場合
  • ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
  • ・法令に基づき開示することが必要である場合
個人情報の安全対策

当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

ご本人の照会

お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

法令、規範の遵守と見直し

当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。